バイクも加入が必要な保険って?

バイクも、車と同じ車両であることに違いはありません。

そのため、自賠責保険への加入が義務付けられています。

自賠責保険とは、もし人に対する事故にあってしまった時、治療費や修理代などの費用に対して発生する保険のことです。

万が一事故によって人を傷つけてしまったとしたら、治療費や慰謝料には莫大な費用が掛かります。

とてもすぐに支払えるような金額ではありません。

そこで、自賠責保険が必要になってくるのです。

ただ、これはあくまでも人に対する保険です。

そのため、あらゆる事態に対応している保険ではありません。

そこで、任意加入の保険に加入する方も増えてきています。

例えば、事故を起こしたけれどその保証額が自賠責保険の限度額を超えてしまった時などは任意保険で賄ったりしますし、対物保障や自損事故などに対しても、自賠責保険では十分ではありません。

それに、忘れてならない搭乗者傷害保険もあります。

もしほかの人を乗せていた事故にあった場合、バイクですから、搭乗者にも大きな傷を残す可能性が高くなります。

それに車と違って店頭だけでも大きな障害を残る可能性もある乗り物なのです。

それを保証してくれる保険がないと、やはり支払いが滞る可能性が高くなってしまいます。

今は、いろいろな会社から任意保険の商品が販売されていますので、ぜひ加入して、安全に楽しく乗れるように環境を整えておきたいものです。

任意加入のものは、いろいろな種類から選ぶことができるので、自分の状態に合わせることができ、便利です。

◆参考サイト⇒《URL:http://www.edenallure.com/