バイクを盗難から守ろう!

高価なバイクは格好もよく、自動車のようにドアの中に覆われているということもないので、非常に盗まれやすいものでもあります。

移動させやすいということもありますね。

それに、盗まれてしまった場合の検挙率を見てみると、実は1割以下なのです。

つまり、一度盗まれたら絶対に返ってこないと思っても良いというくらいなのです。

高価なのに盗まれてしまって、もしローン返済期間中だったりしたら、泣きたくても泣けませんね。

そこで、盗難から守るために、いろいろな工夫をしておかなければなりません。

もっとも基本的なこととしては、U字ロックやケーブルチェーンロックなどで、2か所以上の鍵をかけておくということです。

この時、電柱などの建物に固定をしたり、タイヤとアームを一緒にロックさせておいたりするとさらに有効的です。

バイクカバーをしておくだけでも、盗難率は全然違います。

それだけでは不安という方には、かぎをかけてある状態で動かそうとすると鳴り出すアラームや赤外線センサーをつけておくというのもいいですね。

それに、車両追跡用の位置情報システムを契約しておくという方法もあります。

今は通信衛星があるので、そういったサービスをしている会社と契約をしておけば、万が一盗難にあってもどこにあるかをたちどころに知ることができます。

さらに強固にという場合には、盗難保険に加入しておくと良いでしょう。

最悪、盗難にあったとしても、もはや手元にない車体のためのローンの返済に苦しめられることはありません。

年に1万円から3万円程度なので、無理なく加入することができます。

バイクと長くお付き合いできるようにするために、盗難には十分に備えておかなくてはなりません。