安全にバイクを楽しもう!

個人でバイクを楽しむのは一向に構いませんが、人に危害を加えたり迷惑をかけたり、事故に合うような乗り方をしていては、長く楽しむことはできません。

好きならなおさら守らなければならないルールがあるということを肝に銘じておかなくてはなりませんね。

まず気をつけなくてはならないのが、近所迷惑にならないことです。

空ぶかしの騒音や発進するときの音は、人によっては非常にうるさく感じられるものです。

深夜の走行はしない、住宅街に駐車しない等の工夫が必要になるでしょう。

また走行中も、すり抜けや追い越しには十分気をつけなくてはなりません。

車を運転している方をひやりとさせるようなすり抜けや追い越しは厳禁です。

危うく事故につながるという思いをした方も少なくないでしょうが、そのような場合は自分の運転の仕方を見直す必要があるでしょう。

いつでも譲り合いという精神を忘れずにそうこうしていきたいものです。

そして、天候がよくない日には乗らない、怖い思いをしそうだと思うような状況にはいかない、車間距離はしっかりあける、車との位置状況によってはキープレフトにこだわり過ぎないということも、事故を起こさないためにはとても重要なポイントになります。

安全に気を付けて、人に迷惑をかけず、長く楽しんでいけるような工夫をすることで、周囲からの偏見を少しでも減らして、バイクが好きな人も好意的に受け入れられるように、結果的に多くの人が長く楽しめるように、マナーを守っていくようにしたいものですね。

【気になる記事】ドライバーマナーに思う | バイクスタイル